越境ECについて・ネットで販売、航空便や海上輸送で海外発送

越境ECという言葉を聞いたことはありますか?越境ECは、インターネット上の通販サイトを利用して、国際間の商取引を行うことです。世界レベルでのインターネット利用者の増加、インターネットの高速化により、越境ECはますます広がっていくものと予想されています。

越境EC

港に並べられた数々のコンテナ

越境ECは、インターネット上のショッピングモールや通販サイトを通じた国際的な商取引です。ECは英語のElectric Commerce(エレクトリックコマース)の頭文字をとったものであり、e-commerce(イーコマース)と呼ばれることもある「電子商取引」です。世界のインターネット人口は、発展途上国を中心に現在も増え続けていますが、インターネットという国境の無いスペースでの商取引は、今後もますます盛んになっていくと考えられています。

日本と海外、主な越境ECの形

世界地図

日本の「クールジャパン」や「オタク文化」などの広がりは、越境ECによる部分も大きいと考えられます。日本に本拠地を置いているショップでも、インターネットなら海外にいる顧客に直接アクセスすることができるのです。

ウェブショッピングモール

英語や多言語のホームページを開設する方法もありますが、もっとも手軽に越境ECが可能なのは「eBay」や「amazon」などのウェブショッピングモールです。日本ではECの巨人として君臨する「amazon」。身の回りのほとんどの品を「amazon」で購入するという人は珍しくありませんが、それはアメリカでも同様です。

やはりアメリカ発のeBayは、日本におけるYahoo!オークションのような、オークションで知られています。オークションの他にもブランド専門ショップ、個人出店のショップなどがあり、amazon同様、買えないものはないのではないかと思ってしまうぐらいの品揃えを誇っています。

現在は、このようなウェブショッピングモールを利用すれば、誰でもかんたんに越境ECができます。海外から商品を仕入れることも、海外に向けて商品を販売することも、インターネットを利用すれば誰でもできる時代なのです。

自前の多言語ホームページ

現在は、日本語のホームページをまるごと他の言語に翻訳してくれるアプリもありますが、その翻訳の信頼度は残念ながら低く、したがって、あまり商売においてはおすすめできるものではありません。そのため、自前のホームページを立ち上げるのであれば、ターゲットの国を絞り込んで、その国の言語でECサイトを立ち上げるといいでしょう。日本のECサイトでも、中国(繁体字中国語)、台湾(簡体字中国語)、タイ(タイ語)等、英語以外の外国語ECサイトが増加しています。

それでも国境は存在する

越境ECは、その「越境」という言葉が表すとおり、国境を越えた商取引になります。ECなので、買い物をしている時に、その国境を感じることはまずありませんが、実際に商品のやりとりをすることになれば、国境の存在を痛感することもあります。

越境ECにおいては、商品のやりとりは、主に国際宅配便や国際郵便を使って行われます。これらのサービスは、主に航空便が使われます。航空便を利用すれば、遠くアメリカに発送しても、1週間もかからずに、買い手に荷物が届きます。

しかし、この国際間の物の動きにはお金がかかります・代表的なものが関税です。関税率は国により異なります。また、二国間や経済同盟に加入している国同士などでは、関税率が優遇されている場合があるなど複雑です。そのため、日本から商品を発送する場合は、信頼のおける物流会社、国際貿易に精通した物流会社を選ぶ必要があります。

越境ECのリスクについて

荷物をフォークリフトでコンテナに格納

越境ECのリスクとしてよく挙げられるのは「お金のやり取り」、そして「配送トラブル」でしょう。

お金のやり取り

越境ECでは、国内のEC同様、商品やサービス代金の支払いに関するトラブルを心配する方が多いと思います。偽造クレジットカードの被害が度々報告されたり、電子マネーの支払いでトラブルが起きたりすることもあります。しかし、これらのトラブルの大部分は、補償を受けることの可能なトラブルであり、過度に警戒する必要は無いでしょう。

商習慣の違いによるトラブル

海外各国にはそれぞれの商習慣があり、日本のそれとは大きく違う場合があります。越境ECに参入したての場合、その違いに戸惑うかもしれませんが、こればかりは慣れるしかありません。

配送トラブル

海外発送では、配送遅延などのトラブルが起こることがあります。そのため、信頼のおける物流パートナーと協力することは、越境ECの最重要ポイントと言えるでしょう。

SGHグローバル・ジャパン

貨物船と虹

SGホールディングスグループの「SGHグローバル・ジャパン」は、日本を本拠地に国際貨物事業を行っています。「貨物運送事業」のほか、「通関業」「保税倉庫業」を行っているため、日本から商品を海外発送する際は、総合的な国際物流サービスを利用することが可能です。また、SGHグローバル・ジャパンは、世界各国に現地法人があるため、海外においても安心してサービスを利用することができます。

SGHグローバル・ジャパンの海外発送

トレーニングウエアを着た女性

SGHグローバル・ジャパンの海外発送には、輸送機能により、さまざまな選択肢が用意されています。

国際航空輸送

SGHグローバルの国際航空輸送は、それぞれのクライアントのニーズに合わせて輸送メソッドを選択することが可能です。

海外発送の荷物がありましたら、まずはSGHグローバルに問い合わせてみるといいでしょう。その荷物に適したプランを提案してくれます。

sgx国際宅配便

sgx国際宅配便は、かんたんに言えば、日本国内の宅配便同様、ドアtoドアで荷物をお届け先まで運搬するサービスです。日本国内と海外に点在するSGHグローバルネットワークを活用し、輸出入手続きも含め、一貫したサービスで国際物流をスムーズにします。また、海外の拠点から発送した荷物も、同様にドアtoドアでお届けしています。

国際航空貨物輸送サービス

電子部品や工業製品などを、迅速に海外の目的地まで輸送するためのサービスです。SGHグローバル・ジャパンならではの、国内・海外のネットワークでクライアントの海外展開を安全に、そして強力にサポートします。

国際海上輸送

SGHグローバル・ジャパンでは、国際海上輸送サービスも提供しています。航空便と比較すると、当然、運賃はリーズナブルになりますが、到着までには日数を要します。しかし、コンテナ等を使用した大規模な輸出入が可能であることから、さまざまな目的で利用されています。

輸出入に関する書類や手続きなど、特に海上輸送は素人にはハードルが高いと思われがちですが、SGHグローバル・ジャパンでは、日本⇔海外間のシームレスなサービスでクライアントにそのハードルを感じさせません。

越境ECの今後

トレーニングウエアを着た女性

越境ECは、インターネットさえあれば、誰でもすぐに参入することの可能なビジネスフィールドです。もちろん、参入のハードルが低いだけで、ビジネスとして成り立たせるためには努力が必要なことはありません。しかし、日本だけではなく、海外に住む人たち、特に中国のように1国だけで約13億という人口を抱える国が商売のターゲットになるのです。

越境ECの規模は今後も拡大を続けると予想されていて、その中心となるのは途上国だと考えられています。インターネットインフラのすでに整った先進国ではなく、これからインフラの伸びが見込まれる発展途上国でECの利用が拡大していくことは、日本を拠点にするEC事業者にとっても、さらなる越境ECの機会を得ることになります。

発展途上国へのインターネットの普及は、コンピュータとネットインフラの拡大と言うよりは、スマートフォンネットワークの拡大と言った方が適切でしょう。現在、越境ECでもスマホ経由の取引が中心になってきています。国内向けのEC同様、常にトレンドに敏感に商売をすることで、より多くのユーザーにリーチすることが可能です。